木質ハイブリッド構造ビル

特長

・最先端の木質構造技術

  • ・最先端の木質構造技術
  • ・最先端の木質構造技術

国内最大規模の木質ハイブリッド構造ビル(ポラテック株式会社本社ビル「ウッドスクエア」)

1

木の美しさ、ぬくもり、耐火性を併せ持っています。

2

通常の集成材木造では認められていなかった「防火地域での4階建て建築」が可能です。

3

防火地域となっている都心や密集地域におけるオフィスビル、ショールーム、学校などの教育施設、
あるいは共同住宅などに適用します。

4

1時間耐火性能の大臣認定を取得しています(1時間燃え止まりの耐火試験)。
※「燃え止まり現象」とは、燃焼している木材が燃え尽きることなく、自然に鎮火して火種がなくなる現象のこと。

・CO2固定に寄与できる工法

CO2固定

木造建築の材料となる木材は建築用材として使用されるまでに多くの二酸化炭素(CO2)を吸収します。この二酸化炭素は建築に使用された後も木の中に保持されます。これを「CO2固定」といい、地球温暖化対策に適しているので、木質ハイブリッド構造ビルは環境にやさしい建築物だといえます。

ソリューション・技術

工場・倉庫など大規模建築から特殊構造物まで、システム建築&エコ研究所にお任せください。
  • お電話でのお問い合わせお気軽にお問い合わせください
  • 0120-66-4106
  • 【受付時間】平日 9:00 ~ 17:00
  • 無料見積・お問い合わせ
システム建築&エコ研究所